親子留学することについて

親子留学することをすることは増えています。親子で英語を学べることはもちろんですが、普段から一緒にいることができるのはありがたいです。

親は研究するために留学して、その子供は付き添いで留学するケースもあります。親子留学は家族全員で海外に行くことが多いです。その場合は、親の理由でいかれることが多いです。アメリカやカナダ、ヨーロッパに研究する目的で通い、子供は普通の小学校や中学校、高校、大学、大学院に通います。

高校留学の補足説明を致します。

いつしか日本に戻ることもあるので子供が小さい場合は、日本語の教育も普通に行われます。これは、子供がその土地に合わせすぎてしまい、日本のことが全然理解できなくなることを防ぐためです。


研究で留学する場合は、何年か後には日本に戻り、研究をしたり、大学で教員になることがあります。


親子留学の利点は、普通の留学と違い家で家族と過ごすことができることです。
全然知らない人と生活する時間とプライベートの時間をしっかり分けられることになります。このおかげで、ストレスもなくなします。

goo ニュースの分かりやすい情報はこちらのサイトです。

しかし、海外での研究生活はうまくいくか失敗するかの瀬戸際の連続です。


家族が離れ離れでいると、家族分解にもつながりかねないので、それを防ぐためにも親子留学は欠かせないですし、家族でつらい生活を乗り越えることにもつながります。


子供はバイリンガルになる可能性が増えて、将来海外で活躍できる人材になれますし、英語ができるとそれだけで有利です。